☆★☆ここくんのジャーキー屋さんオープン☆★☆
「愛犬(ここ)へのトレーニングのご褒美に!」と、作り始めたのがきっかけ。 愛犬も家族の一員だから、食べるものに気をつけて、元気に長生きしてもらいたい。 そのために安全・安心な手作りジャーキーを作り始めました。 今ではお友達のわんちゃん達も「もっと、もっと、もっともっと〜!」とおねだりしてくれる 人気のおやつです。
こちらでもご案内してます⇒ここのホームページ(ここママ工房)

2007年11月04日

ラップ誤飲の恐怖

昨日3日のことです。

ここパパの実家に遊びに行き夕食をご馳走になることに。
たまには店屋物でもということで美味しい中華を出前注文しました。
ちょうどお腹が空いた頃、届いた美味しそうな品々。
チャーハン、ラーメン、ニラレバ炒めやらいい匂い・・・
いただきまぁ〜す・・・とその時!

テーブルの下にいるココが何かクチャクチャやってる!

「何食べてんの」って口元をよく見たら透明のビニールらしきものが。
ラップ!!そう、出前頼むと食器に被せてきますよね。それです。
テーブルの下に落ちちゃってたらしいんです。

あわてて取り返そうとしましたがココも急いで飲み込んじゃって。

バカ〜〜〜〜〜〜顔(え〜ん)顔(え〜ん)顔(え〜ん)

それからはもう心配で心配であせあせ(飛び散る汗)
まず吐かせようと塩水を飲ませましたがダメ。
かかりつけのお医者さんも連絡とれず。
タウンページで調べた実家の近所のお医者さんも
祝日の土曜日のため留守番電話ばっかり。
何とか繋がったお医者さんからは全身麻酔の内視鏡で取り出すか
お腹の切開手術になる
と怖いことを言われ即断できず。
セラピーでお世話になってるNさんにご紹介いただいた
お医者さんに電話で相談したら、
「今すぐに何か起こるとは考えられないけど、
2、3日中に吐いたりしたらすぐ病院に行きなさい」
とアドバイスを受け、自宅に戻って一晩様子を見ることにしました。

それからも心配で私は一睡もできず。

やっぱり朝方6:30に1度目の嘔吐。
それから、9:30と9:45に立て続けに吐いちゃって。
その時に薄いラップらしきものが少し混ざってて。
まだ入ってるはず。
出てくれないと最悪開腹手術になっちゃうあせあせ(飛び散る汗)
でも、ついに11:30大きなかたまりを吐き出してくれました。

うぇ〜ん、良かったぁ〜顔(泣)顔(泣)顔(泣)

こんなに大きなものが胃の中にあったらさすがに苦しかっただろうに。
私たちもずっと生きた心地がしませんでした。

夕方、休診日なのに予約を入れていただけたかかりつけの先生のところへ。
嘔吐物を診ていただいたら先生もビックリのラップ2枚分でした。
もしこのまま残っていたら恐らく腸閉塞になっていただろうとあせあせ(飛び散る汗)
一応、点滴3本、抗生剤の注射注射2本打って様子見、今日はもちろん飯抜きです犬(泣)

ホントにおバカさんなんだから・・・いや、
私たち飼い主が大バカだったんです。
大事に至らなくって良かった。
おおいに反省いたします。
ゴメンね、ココ。


ぴかぴか(新しい)昨夜のこの騒動で
hanaさん、Nさんには夜のお忙しい時間にもかかわらずお電話で
大変ご親切に相談・アドバイスをいただき本当にありがとうございました。
私たちパニックに陥っておりましたので何とも心強かったです。
以後じゅうぶん気をつけます。


先程、病院から帰宅後のここクン

rap.JPG

お陰さまで一応元気にしております。













ニックネーム ここママ at 20:17| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする