☆★☆ここくんのジャーキー屋さんオープン☆★☆
「愛犬(ここ)へのトレーニングのご褒美に!」と、作り始めたのがきっかけ。 愛犬も家族の一員だから、食べるものに気をつけて、元気に長生きしてもらいたい。 そのために安全・安心な手作りジャーキーを作り始めました。 今ではお友達のわんちゃん達も「もっと、もっと、もっともっと〜!」とおねだりしてくれる 人気のおやつです。
こちらでもご案内してます⇒ここのホームページ(ここママ工房)

2008年01月05日

2008お正月エピソード@〜初めての1匹外泊〜

今年のお正月は大晦日から2泊ちょっとお出掛けしました。

ただし、ワンコはどうしてもNGのところなのでココは連れて行くことができず

仕方なくペットホテルに預けることにしました。

ペットホテルはいつもトリミングをしてくれる美容院なので
ココにとっても知ってる方ばかりでそういう意味では安心なんだけど、

なんせ初めての1匹外泊なものですから・・・

しかも2泊!

私達の不安といったらありませんでしたよ。

ちゃんとトイレできるだろうか
ちゃんとご飯食べるだろうか
ストレスで病気にならないだろうか
お店から脱走しようとしないだろうか・・・等々

当日、何も知らないココはいつものお散歩の時のように張り切って出掛けたのに、
何故か美容院に入って???
そのままお店のヒトに抱えられたココは私達に訴えるかのような顔でしたが
何も叫ぶことも出来ず奥の部屋にチェックインしちゃいました。

そして、まる2日後・・・

お迎えに行って再会したココは

1 ストレスで全身フケだらけ
2 2日間フンできてない
3 感動の再会なのに声も出ない
4 顔が緊張でこわばってた

やっぱり案の定でした。


ビビリの神経質、分離不安症なんですよね。


迎えに行った日は当日トリミングしてもらったばかりなのにフケだらけ。

そして、お店を出てすぐに道端でフン×2

一匹外泊初体験は彼にとって大変なものだったようです。

もちろん今はもう元気ですよ。

syougatu.JPG


可哀想だったかな 

but 良い経験だったかもしれません。



それは、その日以来とってもお利口さんになったような気がするんです。

まず、すぐ命令(オスワリとか)に従う
それから、ヒンヒン駄々をこねることが少なくなった
そして、お家でのお留守番中にトイレできるようになった
さらに、反抗的な態度をとらなくなりました。


よっぽど私達と離れたことが応えたのでしょうかね。

しつけの一環として良いみたいです。


あと、分かったことがもう一つ。

飼い主もかなりのココ依存症でしたあせあせ(飛び散る汗)

たった2日間なのに初めてココと離れた生活はスッゴク寂しかったです



本日の写真ですハートたち(複数ハート)

syougatu2.JPG











ニックネーム ここママ at 23:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする