☆★☆ここくんのジャーキー屋さんオープン☆★☆
「愛犬(ここ)へのトレーニングのご褒美に!」と、作り始めたのがきっかけ。 愛犬も家族の一員だから、食べるものに気をつけて、元気に長生きしてもらいたい。 そのために安全・安心な手作りジャーキーを作り始めました。 今ではお友達のわんちゃん達も「もっと、もっと、もっともっと〜!」とおねだりしてくれる 人気のおやつです。
こちらでもご案内してます⇒ここのホームページ(ここママ工房)

2009年01月15日

ココの推薦図書E〜オレンジタイプのなんちゃって勇者くん〜

いつもココを可愛がってくれる風ママさん(雑種犬「風(ふう)」のひとりごと)の本が出版されましたるんるん


hon6-1.jpg

『犬の性格診断』(講談社)


この本では、ワンコを日本の家庭犬に多い7つのタイプに分類しています。

どれどれ、うちのココ様は何タイプかなぁ〜と・・・

3つの診断テストの結果、ここクンはなんと!

『オレンジタイプ』

そしてこのタイプのワンちゃんの性格とは・・・

ホントの冒険は未経験の“なんちゃって勇者”

かわいい「おうちはボクの天下だけど、外じゃ誰も思い通りに動いてくれないのはなぜなの?」
自分は家族を守る勇者だと思って強がっているけれど、実は世間知らずのおぼっちゃま。
我慢することが大嫌い!気に入らないことがあると逆ギレすることも。かわいい

犬(笑) 自己主張が上手
犬(笑) 攻撃的な面がある
犬(笑) ほかの犬が苦手
犬(笑) 自我が強い
犬(笑) よく吠える

当たってる・・・顔(汗)あせあせ(飛び散る汗)

あまりにもピッタリでビックリ雷雷雷

風ママさんに大拍手ですClapClapClap


でもでも、この本は『わぁ〜、当たってるわぁ』で終わらせちゃいけないんです。

愛犬の性格を把握したうえで愛犬の気持ちをよく理解してあげて、
愛犬とのよい関係を築きあげて、
ワンもヒトも楽しくハッピーなドッグライフを送るための指針となる本
なのです。

ココのしつけが永遠のテーマ顔(ペロッ)になってるような私にとって本当にありがたい贈り物ですぴかぴか(新しい)
(ココのオレンジタイプの部分に関しては私の頭に全てインプットできるまで
何度も繰り返し読みたいです顔(笑)犬(笑)

風ママさんは犬についての知識がゼロ同然だったと、
犬への接し方・育て方さえ分からなかったというのに、
これだけ的確な本を書いちゃうなんてよっぽどご自分でたくさん勉強されたんだなって思います。

これも愛犬(風ちゃん)への強い愛情からですよねハートたち(複数ハート)

見習わなくっちゃグッド(上向き矢印)

hon6-2.jpg





ニックネーム ここママ at 14:59| Comment(12) | TrackBack(1) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

ココの推薦図書D〜すべて定説というよりも通説?〜

今回のココの推薦図書はこちら下


book5-1.jpg


『図解雑学 イヌの行動 

     定説はウソだらけ』
(ナツメ社)


ワンに関する定説はいろいろあります。

犬を飼って、しつけを勉強するとだいたい『オオカミが先祖』から始まって
『イヌ社会の序列』とか『家庭内のリーダー論』とかでてきますよね。

なるほどねぇ〜目なんて思いながら愛犬と向き合ってみても、
なかなか上手くいかないのは何故?ってこともしばしば。


もしかしたら、この方法は間違ってるのかも

・・・って不安を抱きつつも、どの本にも書いてあるしなぁとか、
本によっては全く違った事が書いてあったりして
迷い悩みパニックになったりしちゃうこともありますあせあせ(飛び散る汗)


結局しつけは愛犬1匹1匹の個性によって変わってくるものなんでしょうけど、

そもそもの大元の理論自体が

通説に過ぎないものだったとしたら
・・・

真説は私がココを観察して発見しちゃおうかしら顔(ペロッ)


この本も犬の行動学において仮説の域を出ていないかもしれませんが、
なるほど、そっかぁひらめきっていうのが多々あり、

写真やイラストでワンの表情などが確認できるため
愛犬のいろんな場面を思い出して勉強するのに参考になりますよるんるん
(行動学・しつけ・栄養学などなど内容も充実してますよ)


ちなみにココが怒った時の顔とそっくりの怖いワンコの顔が載ってましたあせあせ(飛び散る汗)
なるほど、そういう気持ちだったのね顔(え〜ん)

book5-2.jpg
犬(笑) 2枚の写真の違い分かるぅ〜?



ぴかぴか(新しい)いつもご訪問ありがとうございますぴかぴか(新しい)

ランキングに参加してます

今日もひとつぽちっとな
    
       ↓
coco-banner10.gif

お願いしま〜す犬(笑)

ニックネーム ここママ at 20:11| Comment(22) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

やぎミルクのゼリー

今日は犬のしつけ講習会に行ってきました。


主催はボランティアグループの『たま愛犬くらぶ』で
講師は先日ココの推薦図書でご紹介しました中村多恵先生でした。


最近、しつけについて壁にぶち当たってる私にとっては有難い講習でした。


犬のしつけ=飼い主のしつけ


まずは、犬のしつけ云々の前に飼い主の意識を考えることが必要だとのこと。


この世の中には犬好きな人間ばかりではないことを認識して
マナーを守らなくてはならないわけです。


どこでも排泄していいわけではない
いつまでも吠え続けていいわけではない



この人間社会で生き抜くためのルールを飼い主が愛犬に
力づく・無理やりでなく教えてあげないといけない



そして、しつけの最終目的とは


どんな場面でも

飼い主の指示が出たら愛犬が応えてくれること



これが、愛犬に安全で幸せな生活を与えてあげることになるんですよね



講習会の後半では、各々が事前に提出していた質問票に基づいてアドバイスをいただきました。
もちろん私もです。
恥を忍んで・・・でも心がスッとしましたね。


またココのためにも頑張ろうと意欲がわいてきましたグッド(上向き矢印)



講習会の後に、近くのドッグカフェに行って遅い昼食をレストラン



ココには『やぎミルクのゼリー』をとってあげました



yagi-milk.JPG



美味しく食べたその後は・・・


そのカフェにある小さなドッグランスペースで



yagi-milk2.JPG


yagi-milk3.JPG


yagi-milk4.JPG


いつも一生懸命な姿が今日は一段と愛しく感じましたぴかぴか(新しい)




ぴかぴか(新しい)いつも応援ありがとうございますぴかぴか(新しい)

今日もひとつぽちっとな
    
       ↓
coco-banner8.gif

お願いしま〜す犬(笑)


ニックネーム ここママ at 22:26| Comment(24) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ココの推薦図書C〜初心忘るべからずですね〜

最近、しつけの面でちょっとスランプ気味の私

ある方から『参考になるわよ』と紹介していただいた本がこちら

coco-book4-2.JPG



『犬のしつけ26アドバイス』(池田書店)



内容は、「犬のしつけ」に関するハウツー本とは違い
「なぜ犬はそうするのか」という犬の行動心理がテーマとなっています。



非常に分かりやすい文章で、スラスラ読めちゃいましたグッド(上向き矢印)



また、この本の帯には
『しつけに疲れた飼い主に贈る癒しの言葉』
『しつけに「遅すぎる」はありません』

・・・と書いてありました


しつけでちょっと行き詰まっちゃった時に安心感が得られると思います。




飼ったときの初心忘るべからず・・・


そんな気持ちにさせてくれましたハートたち(複数ハート)


coco-book4-1.JPG





ニックネーム ここママ at 17:35| Comment(10) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

ココの推薦図書B〜私の人生を変えた本〜

この本ご存知ですか?

coco-book.JPG

『犬の頭がグングンよくなる育て方』(PHP)



大袈裟かもしれませんが、ある意味わたしの人生を変えた本です。

ココを迎えて初めての春・・・3年前の3月・・・

アマゾンで見つけたこの本を購入して「犬のしつけ」感が大きく変わりました。

それは、それまで私が知っていた、やってきたしつけ方が「訓練」であったことであり、
本当の「しつけ」ではなかったということ。

「訓練」と「しつけ」は全く違うものであり、基本動作をどんなに教えても、
命令に対してどんなに服従する犬に育てても、
「共に暮らす犬」や「生活上手な犬」にはならないということなのです。

つまり、
「愛犬と真の家族」になるには
「犬が本来持っている能力を引き出すしつけ」が必要である

ということなのです。

目から鱗とはこのことひらめき

感動しながら読み続けました目

そして私の犬のしつけ方針のベースとなりましたGood



この本を読み
「ドッグライフカウンセラー」(社会動物環境整備協会)という資格があることを知り
認定試験にチャレンジ。2年前に2度目の試験で何とか合格することが出来ました。

こんなに何かに打ち込んで、しかも試験勉強までしたのは人生で初めて?
・・・故に、私の人生を変えたといっても過言ではないです。



ただし、資格を有しててもカウンセラーの仕事なんて私にはとてもムリ顔(ペロッ)

だって、今だって「ココとのしつけ」は続いてますし、
これからも悩んで迷いながら続けていくことになるでしょうしね顔(イヒヒ)





先日の東京ビッグサイトでの「ニューイヤードッグパーティー」はこの本の著者
三浦健太氏が代表を務める「WANWANパーティクラブ」が後援をしていました。

そして当日、三浦先生ご本人がいらして、これまた偶然にお話をすることができました。

もちろんココも。

その時ちょうどワンワン吠えてうるさくしていたココを三浦先生は
一瞬のうちにおとなしくしつけてしまいました。

そしてココの顔を一目見ただけで
「この子が吠えるのはワガママなだけだから。
決してアルファシンドロームじゃないから心配しないで」って。

「この子の顔はヒトが大好きな顔をしてるから家族のなかで1番になろうとはしないよ」って
言ってくれました。

前回の記事の最後に書いた「もう1つの嬉しいこと」はこのことだったのです。

三浦先生に直にココを見ていただいたのがとても貴重な体験でしたぴかぴか(新しい)

新刊も出てたので早速買ってきちゃいましたるんるんるんるん

coco-book2.JPG





ニックネーム ここママ at 19:59| Comment(20) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

講習会に行きました

今日は多摩市共催の愛犬家のための市民講座
『犬の飼い方講習会』に参加してきました車(セダン)

1ヶ月くらい前に駅でチラシを見かけてから楽しみにしていたのですが、
まさに我が家にはタイムリーな内容になるとはあせあせ(飛び散る汗)

50人くらい参加してましたか。
最初に初めてワンちゃんを飼った方向けの内容とおっしゃってましたが
基本に戻ることができて良かったです。

3時間の講義のうち
最初の1時間は、獣医師による「愛犬の予防医学」について
後の2時間はトレーニングセンターの指導員さんが「愛犬のしつけ教室」
4頭のワンちゃんの協力のもと実演してくださいました。

「愛犬の予防医学」では、狂犬病やフィラリア症、各伝染病などについて
ビデオ映像も使って説明。病気の怖さを感じるとともに、
予防接種の重要性を再認識することができました。

「愛犬のしつけ教室」では、犬とのふれあい方から
リーダーウォーク、オスワリ、マテなどなど
それこそ基本的なことを実演、完璧な4ワンちゃんにホレボレClap
しつけが良いと見ていてとても気持ちいいですね。

帰りにはこんなにたくさんのお土産までいただいて・・・顔(笑)

kousyukai4.JPG

しかも無料!!

大変勉強になり有意義な講習会でしたグッド(上向き矢印)


さて帰宅後、早速ココで復習を顔(イヒヒ)

kousyukai.JPG

kousyukai2.JPG

kousyukai3.JPG
(小さくて薄いプチ・クッキーですが・・・Good

やったねるんるんるんるん


ニックネーム ここママ at 19:41| Comment(20) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ココの推薦図書A〜ここ様レッドゾーンにつき〜

前回、ココの性格が変わったのでは?との記事を載せました。
特にイライラモード突入後の凶暴性に不安を抱き
以前読んだ本をもう一度読み返しました。
それがこちら、じゃん!!

red zone2.JPG


『あなたの犬は幸せですか』(講談社)
(実はココは脅威を感じるのかこの本だけには噛みついたりします顔(汗)


作者は米国のドッグトレーナーで、犬の問題行動のエキスパートとして知られ、
犬のリハビリの分野でもっとも人気のある専門家のひとり・・・だそうです。

この本では、犬のDNAに深く染み込んでいる「群れの力」を鍵に、
犬が平穏で幸せな落ち着いた生活をするために、
本当にして欲しがっていることや必要なことを深く理解できるように、
リーダーと従う者の役割を教えてくれます。


最初にこの本を読んだときは衝撃でした。
特に「誰が犬をおかしくしているのか」「“レッドゾーン”その犬、危険につき」
2つの章は正直ショッキングでした。
しかし現在まさにその危険性があるかもと・・・大袈裟かもしれませんが。

彼の言葉「わたしが犬にするのはリハビリです。訓練は人間のほうにします」


あらためて愛犬ココを幸せにする再勉強をしなくっちゃって思いました。

red zone.JPG
ニックネーム ここママ at 19:17| Comment(11) | TrackBack(2) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

ココの推薦図書

この本知ってます?

本.JPG

『ワン和辞典』(二見書房)

タイトル通り犬のことばが分かる本です。

本2.JPG


ワンコは鳴き声ばかりでなく、表情やしぐさ、アクションで私達に話しかけてくれます。

その気持ちを理解することが出来れば、ワンちゃんともっと良い関係を築くことができますよね。


愛犬の姿を思い浮かべながらサクサク読めちゃいますよ。

本3.JPG


ぜひ秋の夜長にいかがでしょうかグッド(上向き矢印)

ニックネーム ここママ at 18:20| Comment(8) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

はみがき

ココは歯磨きが大嫌いですあせあせ(飛び散る汗)


というよりも、お口の中を触られたり、服従させられることがイヤなんですねがく〜(落胆した顔)


これまでも人差し指に装着するタイプのコットンシートに
ワンコ用歯磨きジェルを塗って試みてきましたが・・・


いつも撃沈バッド(下向き矢印)

フギャァ〜むかっ(怒り)むかっ(怒り)犬(怒)ってスゴイ顔して暴れて叫んで咬みついてパンチ
わたしはいつもあざだらけもうやだ〜(悲しい顔)
恥ずかしながら恐怖心さえ感じてしまいそうになりますたらーっ(汗)


しかしどんっ(衝撃)わたしも“ここママ”exclamation×2
いつまでもココになめられるわけにはいきませんちっ(怒った顔)


そこで、今夜は秘密兵器雷
歯磨き3.JPG


えっ耳 そうですよ。ただの軍手ですわーい(嬉しい顔)
この軍手が最終兵器となりました手(チョキ)


歯磨き2.JPG

コットンシートが軍手に変わっただけなのに
なぜだか不思議とおとなしく・・・

歯磨き4.JPG

歯磨き終えた後もわたし以上に何か満足げな表情かわいい

今までの苦労がウソのようグッド(上向き矢印)

今日はとっても良い子でしたハートたち(複数ハート)




ニックネーム ここママ at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ココの老後。。。

ココはワンパク盛りの(近々)3歳児グッド(上向き矢印)

老犬.JPG

ですが、今日は「備えあれば・・・の老犬生活」とやらのセミナーに
耳を傾けてきましたるんるん
まだまだ先のこととは言え、ワンコの犬生は人の4〜5倍の猛スピードで過ぎていきますもうやだ〜(悲しい顔)


死因のトップは人と同じで「・・」続いて「消化器系。皮膚系・・」

今からもこれからもですが、心がけは

1:愛犬にとっての適切な食事。

2:野菜の摂取。

3:しっかり運動!!!


だそうです黒ハート


野菜は「犬に野菜が必要??」って意見もあるらしいけど、
抗酸化物質やアミノ酸が摂取でき、BCCAもとれて消化吸収に優れる一品も開発され、
それだけ人も動物も必要な成分が詰まってるらしいですexclamation×2


でもね、老犬はじめ、何かで不自由になったワンコに最も必要なものは

「飼い主の揺るぎない愛情」だと思いますハートたち(複数ハート)


ワンコはじめ命ある動物たちは痛みや苦しみは
「目に見えない敵から襲われてる!!」という不安に駆られるそうですバッド(下向き矢印)
だからこそ、そばにいる飼い主さんが「大丈夫だよハートたち(複数ハート)って
ナデナデしてあげると安心してくれるって犬(笑)


心の繋がりが大切なんですねるんるんるんるんるんるん

老犬2.JPG
ニックネーム ここママ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ピンポ〜ン

ここ様は“ピンポ〜ン”って玄関のチャイムが大嫌いです犬(怒)

それはそれは異常な鳴き方ですがく〜(落胆した顔)

郵便屋さんが来ても、宅配便の方でも、新聞屋のお兄ちゃんでも、
お友達でも、親戚でも・・・その他だれでも・・・
チャイムが鳴ると鳴いて吠えて走り回って玄関のほうを睨みつけてむかっ(怒り)

困った困ったあせあせ(飛び散る汗)

落ち着いた生活を邪魔されるのがそんなにイヤなのか・・・


もちろんココだけじゃなくて多くのワンちゃんにもある困った行動ベスト10
はいりそうなものですが。。。

やっぱり・・・

   @ワンコ自身が怖がり

   A飼い主をリーダーと認めていない

このへんが理由でしょうか。

昨日もTVから同じチャイムの音が聞こえてギャヒンギャヒンダッシュ(走り出すさま)

ちっ(怒った顔) うるさいどんっ(衝撃)テレビだよっパンチ

いつか必ず躾けて・・・みせます顔(汗)

さて今日のココくん
ママのそんな気も知らないでサッカーに夢中ですサッカーサッカーサッカー

DSC02532.JPG

お家の中ではホント王様だよねぴかぴか(新しい)




ニックネーム ここママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

分離不安クン

あらあらー(長音記号1)ココくんソファーの裏でどうしたのぉ?
DSC01667.JPG

そっかあ〜
DSC01668.JPG
大事なガムが入っちゃったのねグッド(上向き矢印)
はいはい、取ってあげるわよ・・・

って、こんなシーンがたくさんあります。

どうやら構って欲しくてわざとやるみたいですあせあせ(飛び散る汗)


パパがいるときも、しつこくボールをソファーの下に転がすのバッド(下向き矢印)


無視してるとヒンヒン・ヒンヒン犬(泣)犬(泣)犬(泣)


とぼけた顔してるのに
DSC01657.JPG
結構オツムは良いみたい(親バカ?)
悪知恵ひらめきは働きます。


常に一生懸命なんでしょうねかわいいかわいい


分離不安症っていうやつですか顔(汗)顔(汗)

とにかく1人にされるのが大嫌いたらーっ(汗)

いつも監視してますよ目私たちのこと。。。

他のお宅のワンちゃんはどうなんでしょう???


甘やかしすぎたかなぁと反省してしまいますねあせあせ(飛び散る汗)













ニックネーム ここママ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする